無謀ながらジャパンカップに挑戦 – チャレンジレース

タイトル通り、無謀ながら10月21日(土)に行われるジャパンカップ2017のチャレンジレースに挑戦します。

クリテリウムやヒルクライムの大会へは何度か出場したことはあるのですが、ロードレース自体は初めてなので不安しかない…

 

 

ダウンヒルでの集団走行も絶対にあるので、コース見ておかないとパニクって落車の未来が見える…

なので開催間近ですが、本日コースである宇都宮森林公園へ。

 

ちなみにチャレンジレースの概要は

ゼッケン番号より2グループに分け、各グループごとに出走(今回は第1グループ)

1周10.3kmを2周回。

獲得標高は約188m(Stravaより)

先頭から10分差で打ち切り。

途中の補給受け取りはなし。

そしてコースの高度マップはこんな感じ。

チャレンジレースではあるかわからないけれど、初めの方にある一番高い登りで山岳ポイント。

 

表彰対象は

フィニッシュ順位1位〜10位

総合タイム順位1位〜10位

 

んで試走。

スタートフィニッシュラインはわからなかったけれど、コースレイアウトマップ的には赤川ダムの少し手前くらいだったので、駐車場の北側(登り直前あたり)からスタート。

 

スタート直後で5%くらいの登り。

距離は短いのでスタート時の加速で一気に登れそう。

そのあとはゆるい登りを経て本格的な登りに。

 

序盤は勾配がきついけれど、九十九折りになると比較的緩くなってくる。

アタックをするなら九十九折りに入ってからかな…?

急勾配なところだと今の自分じゃ引き離すほど加速できる気がしない。

とりあえずは耐えて集団に食らいつく感じになりそう。

 

九十九折りを抜けると次はダウンヒル。

 

下り始めてすぐは九十九折り。

しばらく下りるとそこからストレートな部分を含むようになってくる。

レイクランドGC場付近になると下り基調の平坦へ。

 

おそらくここで一気に加速する気がする。

道幅も広くなるし、仕掛ける人が出てくるんじゃなかろうか。

 

牧場を抜け、県道に出るとほぼフラットに。

若干アップダウンはあったけど誤差程度。

 

田野十字路を曲がるとあとはゴールまで一本道。

が、高度マップを見るとわかる通り、また登りのポイントが。

 

2周回試走してきたのですが、結局ここをどうクリアするか決められず。

距離的には短い登りなので平坦で稼いだスピードを使って一気に登ってしまうのがいいと思うけれど、

足を一気に使いそうだなーと思ったり…

この辺はyoutubeとかで動画を漁りつつ検討の方向で…

 

残り3kmからはアップダウンを繰り返しながらスタートフィニッシュラインへ。

 

 

実際に試走してきた感想としては、

 

「ダウンヒル、集団でこの道走るの?」

 

でした。

 

話には聞いていたけれど、思った以上に狭い…

そして路面には落ち葉と苔が。

大会当日は事故のリスクを減らすために清掃や整備が入ると思うけれど、コース自体の幅は変えられないので、あの狭い道を集団走行しながら下っていかなければならないのが怖すぎる。

かと行って慎重になりすぎると絶対においていかれるし…

今回のダウンヒル区間で遅れると、そのあとのレイクランドGCや平坦区間で確実に足を使う。か、足切りレベルまで差が開きかねない…

 

落車したら元も子もないので安全第一で行くけれど、ギリギリまで攻めには行きたい…

レースの状況次第…かな。

 

初めてのロードレース。

もちろん入賞は狙うけれど、経験値を稼ぐとともに思い切り楽しみたい。

そして次につながるようなレースにしたいと思う。

 

できることをやって、全力で頑張ってきます。

応援よろしくお願いいたします。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)